FC2ブログ

*恋する鉄道路線*

鉄道も野球も西武!な腐鉄子のブログ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武国分寺線はもうすぐ開業120周年!

【2013.12.21 撮影】

西武鉄道で最年長の路線である、
西武国分寺線は川越鉄道として1894年(明治27年)12月21日に開業。
来年は2014年で、開業120周年となります。

元は国分寺~川越(現:本川越)間で1つの路線だったのに、
1927年(昭和2年)に開業した弟分の村山線(高田馬場~東村山間)が
1952年(昭和27年)西武新宿まで延伸して西武新宿線となった際、
東村山~本川越間を新宿線に譲り、国分寺線は国分寺~東村山間の
7.8kmの短い路線に…。

現在の西武の本線格である池袋線よりも20年以上も年長の路線なのに
(営業キロが)短くて(終点駅での折り返し時間が)早い、
すっかり地味な路線(^^;)になっている国分寺線ですが、
最近では2008年(平成20年)から川越鉄道時代と同じ
国分寺~本川越間での定期列車(定期では何と81年ぶり!)も
あったりして、国分寺線内で本川越行きを、新宿線内で国分寺行きの
電車を見かける度に「あれは川越鉄道時代のルートを走る電車…!」と
ワタシとしては胸熱ですwww

そんなわけで、誕生日の国分寺線を撮影してみました。

kokubunji_1.jpg
鷹の台~恋ヶ窪間を走る、3007Fです。
どんどん姿を消している西武3000系が最後まで残るのは、
国分寺線なんですかね…?

kokubunji_2.jpg
編成の確認忘れてたのですが、西武2000系。
これも、鷹の台~恋ヶ窪間にて。

kokubunji_3.jpg
東村山で並ぶ、3000系と新2000系。
現在は黄色い電車オンリーな国分寺線にもそのうち
黄色くない電車が走るようになるんですかねぇ…?


国分寺線を撮るついでに試運転していた38115Fも撮影したので、
そちらは後日、改めて記事を書いてみようと思っています。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。